トップ基礎知識・始め方 > 現在のページ

為替相場を動かす消費について


チャート




消費に関する指標はGDP成長率に大きくかかわってきます。

<通貨価値が上がる流れ>

消費が伸びる→景気がプラスになる→通貨も買われる

先進国の場合ですとGDP総額の7割近くを個人消費(家計)
が占めるため、消費の動向がGDPの行方に大きな影響を与えます。

消費に関する経済指標のポイントは
個人支出、住宅販売、小売売上高、企業在庫、卸売在庫などです。

住宅関連の指標は、支出する金額も大きいため消費活動の先行指数と
なります。

住宅販売、中古住宅と新築住宅の販売に分けて発表されるが、
米国では圧倒的に中古住宅販売の数字のほうが注目されます。

企業在庫や卸売在庫の増加は、消費が伸び悩んでいる場合と、
将来の消費の伸びを見越している場合が考えられるので注意がが必要です。

これらの指標は、他の経済指標などとも合わせて総合的に見てみる
必要があります。

これらの指標は、他の経済指標などとも合わせて
総合的に見る必要があります。

個人支出の発表の際に、PCEデフレーター
という物価指数も発表になるが、この指数から食料品
とエネルギーを除いたコアPCEデフレーターとともに、
FRBがインフレの指標として注目されていると言われています。

消費に関する主な経済指標

米国でポイントに経済指標は以下の3つです。

・個人所得・支出
・小売売り上げ高
・中古住宅販売

個人所得・支出の発表時期は毎月月末になります。
消費の最大の決定要因である個人所得とは、社会保険料
を控除したあとの個人が実際に受け取った所得です。

小売売り上げ高は毎月第2週の発表されます。
米GDPの3分の2を占める個人消費のトレンドが
把握できます。
3~4ヶ月のトレンドを追うことをオススメします。

中古住宅販売は毎月25日から月末に発表されます。
これは景気変動に対する先行性が比較的高いといわれています。

<日本の場合>

日本の消費冠する経済指標としては
全世帯消費支出という指標が重要です

これは消費動向を見る上で最重要の指標のひとつです。




<関連ページ>