トップ基礎知識・始め方 > 現在のページ

ロングとショートとは何か


チャート



FXには専門的な用語として
「ロング」または「ショート」というという言葉があります。

「ロング」というのは通貨を買って
ポジションを保有している状態のことをいいます。

また。「ショート」というのは通貨を売って
ポジションを保有している状態のことをいいます。

例えば「ドル円ロング」は米ドルを買うことを指しています。

「ドル円ショート」は米ドルを売ることを指しています。

株式などの売買でも「ロング」と「ショート」という言葉は
使われています。

外国為替取引(FX)の場合ですと、
FXは通貨の交換によって成り立つ取引なので
反対から見れば「ドル円ロング」は「円のショート」、
「ドル円ショート」は「円のロング」ということになります。

しかしながら、外国為替のルールでは必ず基準となる通貨
(=通貨ペアの左に表示される通貨)をロング、あるいはショートと言います。

これは円をロング
(買いたい)場合はドルを売ればいいということでもあります。

また、FXではその特性上、
動いた値幅によって利益が上がるので
売買のスタートがロングからでも、
ショートからでもどちらでも取引ができます。

<まとめ>

・「ロング」は買いポジションを持つこと
・「ショート」は売りポジションを持つこと

と覚えておきましょう。





<関連ページ>