トップ基礎知識・始め方 > 現在のページ

他の金融マーケットとの関係性


チャート




相場を動かす要因「金融市場」について|FXで負けない手法のまとめ

投資のお金は為替市場、株式市場、債権市場、商品市場、
そして不動産ををめぐりつつ循環しています。

お金が動く動機には、どの程度のリターンをどの程度の
リスクで得られるのかといった事前の見込みが関わってきます。

リスクを取って大きなリターンを狙いたいという動きが強まるのか、
安全資産と考えられるものにお金を移しておくという動きが
強くなるのかが金融マーケットの動きに大きな影響を及ぼします。

株式市場と為替の関係

米国株上昇→ドル買い 
米国株下落→ドル売り

株式市場は企業が発行している株式を売買するマーケットです。

為替市場に影響を与えるのは、米国のダウ平均株価やS&Pです。

日本時間であれば、日経平均株価やTOPIXなどの指数です。

基本的に米国株とドル相場は連動すると覚えておきましょう。

特徴として、ニューヨーク市場で米国株が上がっている時はドル買いに
なり、反対に下がっている時はドル売りになります。

ここでドルというのはドル円以外をふくむドルに関するすべての通貨ペア
のことを指し、ユーロドルなどは顕著にその傾向が現れます。

債権市場と為替

債券とは、金融機関、企業などが借り入れを行うために
投資家に発行する借用書のようなものです。

為替市場に特に影響を与えるのは、国債の市場です。

債券市場と金利変動は相関関係にあります。

また金利動向は為替市場においても重要な要素になります。

原則として、金利が上昇すると債券価格が下がり、金利が
下落すると債券価格は上がる性質があります。

また、ある国の金利上昇(=債券価格の下落)は通常はその国の通貨買い
に結びつきやすい特徴があります。

これは米国の債券の価格が上昇しているときはドル円の下落を促し、
米国の債券の価格が下落している時はドル円が上昇します。

なので米国債価格の上昇は金利の低下、逆に下落は金利の上昇と覚えておきましょう。

経済指標の発表にも金利市場は敏感なので、為替があまり反応していない時などは、
債券価格が参考になります。

債券の価格が下落に転じていたら、ドルの金利は上昇と見て
ドル買い方向に動く可能性が高くなります。

商品市場と為替

貴金属やエネルギー価格、食品類のマーケットの価格はすべて
米ドルで表示されています。

なので商品市場をシンプルに言い表すと、
ドルをそのまま持っているか、商品を買うのかという二つの選になります。

商品市場の特徴として、一般的に商品市場とドルの価値の推移は反相関になると
いわれています。

例えば、ドル円と原油価格を例にすると、
原油価格が高くなるとドル円が上昇します。

また、リスクテイクが強くなる局面では、
商品市場にお金がむかうことになるのでドルの値動きの参考として
原油価格などの代用的なコモディティの動きを抑えておく必要があります。




<関連ページ>