トップ基礎知識・始め方 > 現在のページ

ポジションとは?


チャート




FXは主に為替変動によって利益を上げる取引手法を
用います。

この為替レートの動きによって利益を得る
「差金決済」取引は、必ず守らなければならないルールがあります。

それは買ったら、その後必ず売る、
もしくは売ったらその後必ず買うというものです。

このように、「FXのような差金決済」取引は
必ずどこかの時点で決済されることが前提になっています。

たとえば、ドル円を買う場合、その後、ドルを売って決済し
ドルを売る場合は、その後買って決済します。

この決済をするまでの間の状態のことを

「ポジション」を持つと表現します。

買っている場合にはロングポジション。
売っている場合にはショートポジションと

表現されます。

ロングポジション(買い)の場合はその後
為替レートが上昇すること予想して取引をしてポジションを持ちます。

逆にショートポジションの場合はその後為替レートが下落することを
予想してポジションを取りするものです。

値段が上がるということは、取引をしている基準通貨の価値が
上がることを意味します。

逆に、値段が下がるということはその通貨の価値が下がることを意味します。

また、「ポジション」を決済して取引通貨が何もない状態の
ことをスクエアと呼びます。

<まとめ>

・ポジションとは通貨を決済するまで状態のこと




<関連ページ>