トップ基礎知識・始め方 > 現在のページ

為替を動かす要因「生産」について


チャート




基本となる構図

CDP成長率が伸びる→景気にプラス→通貨も買われる

生産に関する指標は、経済活動そのものを表す大事なものです。

そのなかでも最も代表的な指標がGDP(国内総生産)統計です。

CDPとは、一定期間に国内で生産された財貨・サービスの価値額の
合計で、国内総生産から海外での純所得を差し引いて求められます。

GDPの構成要素としては、個人消費(家計)、設備投資(企業)、
政府支出(国家)、輸出入(外需)の4つが大きな比重を占めています。

統計は四半期ごとに年4回作成され、公表される数字は速報値、
改定値、確報値、の3種類となっています。

そのなかで為替相場を動かすという意味においては
速報値が一番重要になります。

一般的に「経済成長」とは、CDPがどれくらい伸びたかを示す
GDP成長率のことを指します。

景気が良いかどうかの判断にも使われ、
GDP成長率がプラスになれば景気が良いということになり、
その国の通貨は強くなります。

一方で、GDP成長率がマイナスになれば、
景気が悪いということになりその国の通貨は弱くなります。

生産に関する指標として、
「鉱工業生産」「設備稼働率」「住宅着工件数」「耐久財受注」
「製造業受注」「機械受注」「建設支出」なども経済活動が活発で
あるかどうかを判断する材料になります。

これらも予想比や前回比が為替市場を動かす要因となります。

<生産に関する主な経済指標>

米国:GDP→毎月21~30日(四半期ベース) 耐久財受注→毎月20~30日

日本:速報は3月、6月、9月、12月の四半期ごと。2次速報は4ヶ月半後
鉱工業生産→月次/速報は翌月下旬、確報は翌々月

ユーロ:3月、6月、9月、12月(中旬)

英国:GDP:1月、4月、7月、10月(下旬)




<関連ページ>