トップ基礎知識・始め方 > 現在のページ

FXは小額でも取引できるのか?


チャート




1万ドルの外預金をするとします。

1万米ドルを円と交換する場合、1万米ドルに相当する
円の現金を用意しなければなりません。

しかし外国為替証拠金取引取引では、保証金システムを使っているので、
たとえば1万米ドルに対して数万円程度で取引が可能になります。

1万米ドルを保有していた場合には、
ドル円の為替レートが1円変動した場合の損益は1万円です。

プラス1万円の方向に為替レートが動いた場合には、
同じ1万米ドルへの投資に対して、外貨預金の元手が100万円ならば
101万円に、預けた保証金が10万円ならば11万円になります。

同じ為替レート1円の動きで、
利回りにするとプラス1%とプラス10%です。

しかしながら逆に損失になれば外貨預金は99万円になり、
FX投資は9万円になります。

外国為替保証金取引は、小額でも投資ができるため、当市効率も
よいといえるが、保証金に対して利益、損失ともに大きくなる傾向があります。

<まとめ>

・保証金システムを使うので、小額から取引が可能




<関連ページ>