トップ基礎知識・始め方 > 現在のページ

FXの取引会社について


チャート




FXで取引する時は、
FXの取引会社に口座を開く必要があります。

しかしながら取引会社で口座を開くにあたっては
必ず注意しなければいけないことがあります。

まず、FXは元本が保証されていない、
リスクのある金融商品です。

取引を始める前には必ず、
リスクが発生する可能性をよく理解しておく必要があります。

売買による損失は投資家の自己責任が原則です。

元本は保証されていないので、ロスカット(損切り)
のタイミングなどは投資家の判断が全てとなります。

もう一つのリスクとして上げられるのが
投資家の取引を仲介する取引会社のリスクです。

たとえば取引会社が破綻した場合、
投資家の資金はどこにいってしまうのでしょうか。

大切な資産(お金)をリスク商品に投資するわけなので
取引会社の情報は必ず確認しておかなければいけません。

しっかとした取引会社を選ぶこともリスクヘッジにつながります。

すべての取引会社には、金融庁への登録が義務付けられています。

金融庁のホームページ
http://www.fsa.go.jp)

の中で登録情報などを確認できます。

また、投資家の資産である保証金は、
分別管理しなければならないことになっています。

この方法の一つとして「信託保全」ち言われるものがあります。

これは、取引会社が破綻した場合であっても、投資家の保証金は
保全されるという仕組みのことです。

従来は「区別管理」でしたが2010年2月より「全額信託保全」が義務付けられた
ことで、取引会社の資金力や信用力が問われることになりました。




<関連ページ>