トップ基礎知識・始め方 > 現在のページ

取引の注文方法を知ろう


チャート




取引の注文方法は基本的に3種類あります。

・成行注文
・指値注文
・ストップ注文、逆指値注文

<成行注文について>

成行注文は値段を指定しないで、
現在マーケットに表示されている値段で売買する方法です。

売る場合には「ビッド(Bid)」のレートで買う場合は
「オファー(Offer)」のレートでのレートで注文を受け付けた際の値段で
取引が成立します。

成行注文は通常、すぐに取引を成立させたい時に
行う注文方法です。

<指値注文について>

これは値段を指定して注文する方法です。
ここまで安くなったら売る、ここまで高くなったら買う
というような、事前に予約する注文方法のことです。

この注文の場合は、為替レートが注文の値段まで到達すれば
注文が成立します。

<ストップ注文、逆指値注文>

ある値段より下がったら売る、もしくは、ある値段よりも
上がったら買うという注文方法です。

ポジションを持った際にロスカットする場合に用いられます。

これらの3つの注文方法がFXにおいては最も基本的な注文方法です。

次に記述する注文方法は以上の基本的な注文方法を組み合わせたものといえます。

「イフダン注文」は、新規注文と決済注文を一度に出すことができるセット注文法です。

「OCO注文」は決済注文のひとつですが指値注文と逆指値の注文を同時に出すことができる
ものです




<関連ページ>