トップ基礎知識・始め方 > 現在のページ

損益計算の仕方


チャート



為替差損は通貨ペアによって計算方法が異なります。

例えば、USD/JPY(ドル/円)で1万米ドルを
95円でショート(売りポジション)にしたとします。

為替レートが96円となれば、1万米ドル×1円(96円ー96円)

1万米ドル×1円(96円-95円)=1万円

となり1万円の為替損益が発生します。

「EUR/JPY(ユーロ円)」で、10万ユーロを
125円でロング(買いポジション)にした場合、

130円になれば、10万ユーロ×5円(130円-125円)で
50万円の為替差益となります。

通貨ペアの右側に表示される通貨が円の場合には
簡単に計算できますが「EUR/USD」や「GPB/USD」
の場合には円換算する必要があります。

たとえば、1万ユーロを1.3000ドルでロングした場合、1.3100
になったとしたら、1万ユーロ×0.0100(1.3100-1.3000)

=プラス100ポイント(100ドル)

となります。

これを円で換算するために「USD/JPY」
の為替レート(仮に100円)を掛け合わせて1万円という差益を求める
仕組みになっています。

差損を求める仕組みも同様です。





<関連ページ>