ペソ円のスプレッド(往復為替手数料)についてFX会社を比較


メキシコペソ


スプレッドとは、買値と売値の差で、この差が小さいほど、売買時に支払う手数料も小さくなることを意味しています。

このスプレッドも、スワップポイントと同様FX会社によって異なってきます。
下の表は大手FX会社や証券会社の、ペソ円のスプレッド一覧です。




メキシコペソ円のスプレッド比較一覧表(2018年1月調査)
FX会社一覧 スプレッド
(メキシコペソ円)
最小取引通貨
(メキシコペソ円)
ヒロセ通商【LION FX】0.4銭1000通貨
マネーパートナーズ 0.5銭
原則固定
1万通貨
外為ドットコム 0.5銭
原則固定
1000通貨
マネーパートナーズnano 1.0銭
原則固定
100通貨
GMOクリック証券【くりっく365】5銭 10万通貨
インヴァスト証券5銭10万通貨
岡三証券5銭10万通貨
サクソバンク証券21銭
(変動性)
1万通貨

会社名をクリックされると、公式サイトを別ウインドウで開けます

※1 GMOクリック証券(くりっく365)は固定スプレッドではなく、
スプレッドの平均です

GMOクリック証券くりっく365、
インヴァスト証券、岡三証券は固定スプレッドではありません


各マーケットメーカーがレートを提示した中で、
最も有利な為替レートを選択して投資家に提供しています。
他のFX会社のように固定スプレッドではありませんが、スプレッドの狭さは最狭水準です。

※サクソバンク証券のスプレッドは変動性です。
実際に電話にてインタビューしたところ
スプレッドは取引が少ない時間帯には大きくなりがちですが
通常取引に問題ないとの回答をいただきました。

スプレッドの値が大きいほど、FX会社に支払う手数料も大きくなります。
頻繁に売買を行う場合は、なるべくスプレッドの小さいFX会社で取引を行うほうが、
余計なコストがかかりません。

スプレッドでメキシコペソ円に有利なFX会社



ヒロセ通商【LION FX】

  • ヒロセ通商
  • ヒロセ通商【LION FX】(↑から無料口座開設できます)
  • ・ペソ円の年間スワップポイントが全業者中No.1
    ・ペソ円のスプレッドも0.4銭で業界No.1 の狭さ.
    1000通貨単位の取引が可能で、小数点以下のスワップも切捨てなし
    ・口座開設、口座維持料金ともに無料で気軽に口座開設できます。
    ・キャンペーン・プレゼント情報が豊富
    ・合計50通貨ペアの取引が可能。
    ・直感的でシンプルな操作が可能な洗練されたチャートデザイン。
    100%の信託保全。

    <基本情報>

    1日のスワップ益 15円(1万通貨を1日保有した場合)
    1年のスワップ益 5,475円(1万通貨を1年保有した場合)
    最低取引単位 1000通貨
    取り扱い通貨ペア 50通貨ペア
    入金なしログイン

    <業者情報>

    金融庁登録の有無
    信託保全の有無
    自己資金比率 358.2%(2017年6月)

    <手数料情報>

    スプレッド 0.4銭
    口座開設手数料 無料
    口座維持手数料 無料
    売買手数料 無料
    入出金手数料 無料

    <証拠金情報>

    必要証拠金 証拠金維持率100%以下
    ロスカット 証拠金維持率200%以下

    <スワップ益の扱い>

    未決済スワップ益での新規ポジション建て
    未決済のままスワップ益のみの出金
    値洗い型ロールオーバーの採用有無
    福利運用できるか?

    現在最大30万円キャッシュバックキャンペーン中です。
    詳細はヒロセ通商(LION FX)の公式サイトでチェックしてください。

    LIONFXは小額資金に特化した業者なので
    特にこれからスワップ運用を始めようと考えている
    初心者にオススメの業者です。






    <関連ページ>